記事一覧

“インスタポンプ フューリー”の幻の初回生産版モデルが世界1994足限定で復刻

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpgファイル 9-4.jpg

「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は3月22日、1994年の発売以降ブランドを代表するランニングシューズとして地位を確立してきた“インスタポンプ フューリー(INSTAPUMP FURY)”の発売25周年を記念し、発売から半年間しか販売されなかった幻の初回生産版モデル“プロトタイプ(PROTO TYPE)”を初めて復刻する。価格は2万円で、サイズは23.0〜30.0cmのユニセックス展開。発売年の1994年にちなんで、全世界1994足限定で販売される。

 “インスタポンプ フューリー”はこれまで、1994年の3月に初めて発売されたイエローとレッドの配色の“シトロン(CITRON)”をオリジナルモデルとし、たびたび復刻されてきた。しかしこのオリジナルモデルは、同年9月以降に発売されたモデルを指しており、“本当のオリジナルモデル”は同年3月〜9月に販売された“プロトタイプ”になるという。

 今回復刻する“プロトタイプ”あらため“プロト 94”は、ポンプ部分の文字やアッパーの刺しゅうなど、細かなディティールをほぼ完全に再現。さらに、シュータン裏にはシリアルナンバーが縫い付けられていたりと、玄人好みの一足に仕上がっている。

 取り扱い店舗は、東京・原宿と大阪にあるリーボック クラシックストアとブランドの公式オンラインストアのほか、アトモス原宿店やビームス 原宿、「アンディフィーテッド」渋谷店、ミタスニーカーズ、ユナイテッドアローズ&サンズなど。

リアーナがLVMHとラグジュアリーブランドを設立

ファイル 8-1.jpg

LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON、以下LVMH)は、「フェンティ(FENTY)」をラグジュアリーブランドとして展開していくと発表した。

パリを拠点にし、ウエアやシューズ、アクセサリーなどをそろえ、その展開法やコミュニケーションも含めて、リアーナのビジョンを実現する。商品は数週間以内に主にオンラインで販売される見込みだ。リリースには「フェンティ」の公式サイトのアドレスとロゴが記された。

「リアーナは素晴らしい歌手だというのは誰もが知っている。しかし、『フェンティ ビューティ バイ リアーナ(FENTY BEAUTY BY RIHANNA)』におけるパートナーシップによって私は彼女が真の起業家であり経営者で、類まれなリーダーだと分かった。われわれは『フェンティ』というメゾンを構築するリアーナをサポートする。グループの資源を生かし、すでにさまざまな才能とカルチャーを内包したチームを結成した。大成功を収めると期待している」とベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼最高経営責任者(CEO)はコメントを寄せた。

リアーナは「LVMHとこのようなラインをデザインできるのは、私たちにとって夢のようなこと。アルノー会長兼CEOはアーティスティックな面において際限なく、ファッションブランドを構築するという滅多にない機会を与えてくれた。パートナーとしてこれ以上の相手はいないと思う」とコメントした。

リアーナはランジェリーブランド「サヴェージ×フェンティ(SAVAGE X FENTY)」や「プーマ(PUMA)」のクリエイティブ・ディレクターとして「フェンティ プーマ バイ リアーナ(FENTY PUMA BY RIHANNA)」を手掛けるなど、ファッションに対する関心が強い。また、16年には「ディオール(DIOR)」とコラボレーションしたサングラスを発表し、ビューティーブランド「フェンティ ビューティ バイ リアーナ」はLVMH傘下のケンドー(KENDO)とパートナーシップを締結し、LVMHの香水&コスメティック部門の好調に寄与するなどLVMHとの関わりも深い。

また「ディオール」や「ジバンシィ」などを買収によって傘下に収めてきたLVMHにとって「フェンティ」は、1987年にゼロからスタートした「クリスチャン ラクロワ(CHRISTIAN LACROIX)」以来、2つ目のブランド立ち上げとなる。

梨花の「メゾン ド リーファー」が年内で全店閉店へ

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpg

タレントの梨花がトータルプロデューサーを務める「メゾン ド リーファー(MAISON DE REEFUR)」が年内をもって全店舗を閉鎖する。梨花がインスタグラムで公表した。

 「メゾン ド リーファー」は、梨花をトータルプロデューサーに迎え、ジュングループが2012年4月に代官山に1号店をオープン。オープン初日から女性を中心に大勢のお客が訪れ、1日目で2000人、1週間で2万人、1年間で35万人が来店したという。現在は、代官山店のほか、博多、横浜、名古屋などに店舗を展開。今年1月には期間限定ショップを台湾にオープンし、海外進出でも注目を集めていた。

 梨花は、「色々な街でREEFURのピンクのショッピングバッグを持って歩いている女の子を見かけました。想いをこめてつくったお洋服で歩く子達と遭遇した時のあの感動、ありがとうの気持ちは忘れません」と記した上で、「私自身、思考や求めるもの、大切にしたいことが、だんだん変わっていく中で心を保ちながら私の力不足も含めてこの大きなビジネスを保つことが、とても難しいと感じるようになりました。もがきあがきながら至らない事だらけの私でしたが、精一杯かけぬけた7年間でした。これから残りの人生をどう生きていきたいかを考えるようになった時、 ここで一度立ち止まり、この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました」と綴っている。「最後の日までMAISON DE REEFURをよろしくお願い致します」と締めくくった。

ドン・Cに聞くストリートとスニーカーカルチャー「今は誰でもウェルカムな時代」

ファイル 6-1.jpgファイル 6-2.jpg

カニエ・ウェスト(Kanye West)の元ツアーマネージャーだったドン・C(Don C)は、自身のブランド「ジャスト ドン(JUST DON)」や、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)と共に運営するセレクトショップ、RSVPギャラリーなどを手掛けている。現在のファッションシーンでメキメキと存在感を増すアーバンカルチャー(ヒップホップなどブラックカルチャーの総称)を代表する一人だ。スニーカー事情にも詳しく、今年「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」とコラボし、自身のシグネチャーモデル“エア ジョーダン レガシー 312(AIR JORDAN LEGACY 312)”シリーズを発表した。「WWDジャパン」12月3日号で特集した「コンプレックスコン(ComplexCon)」で、スピーカーを務めたドン・Cにストリートとスニーカーカルチャーについて聞いた。

「コンプレックスコン」についてどう思う?

この規模でコミュニティーを一堂に会することができるイベントは重要だと思う。実際に誰かと会ってネットワーキングしたり、何かに参加したりできるし、今やカルチャー系のコンベンションといえば「コンプレックスコン」だ。出店するブランドには、つまらなくならないよう毎年工夫してクリエイティブになって欲しい。前回までと比較して有名ブランドがあまり出店していない。それがいいことなのか悪いことなのかは今の段階ではわからない。

スニーカーは「コンプレックスコン」のキーワードの一つだが、なぜみんなスニーカーに引きつけられるのか?

スニーカーはストリートカルチャーの基盤となるものだからね。多くのキッズにとって、最初に手にするコレクターズ・アイテムなんだ。例えば「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「グッチ(GUCCI)」なんかはあまりに高価で、とてもじゃないけど手が出ない。でも「ナイキ(NIKE)」と「オフ-ホワイト」のスニーカーなら110ドルだし、150ドルも出せば“エア ジョーダン 1(AIR JORDAN 1)”が買えて、しかも「バレンシアガ」の“トリプルS(TRIPLE S)”を履いている奴と同じぐらいかっこよくなれる。僕も子どもの頃、高価なアイテムは買えなかったけど、スニーカーなら集められた。そのうちトレードすることを覚えて、違う地域には地元にないカラーがあるとわかってトレードするようになったんだ。だから、スニーカーは重要なものだし、僕たちの文化の基盤なんだよ。

知らない人とも、スニーカーを通じて交流できるということ?

まさにその通りだよ。僕の好きなカルチャーはスニーカーとスポーツなんだけど、どちらも人を団結させるんだ。バックグラウンドが違う人間同士でも、“エア ジョーダン 1”やコービー・ブライアント(Kobe Bryant)が好きだという共通点があることでつながれる。スニーカーカルチャーで誇りに思うのは、非暴力を広めているところだね。暴れたりしたら手に入らないと知っているから、みんなちゃんと大人しく列に並ぶ。それにスニーカー・ヘッズは金が必要だから、ビジネスセンスを磨く場にもなる。3足買って2足は売る、といった工夫をするようになるんだ。

ドン・Cに聞くストリートとスニーカーカルチャー「今は誰でもウェルカムな時代」(749815) | WWD JAPAN
ドン・C「ジャスト ドン」ディレクターと息子

現在のメディア・インフルエンサーの多くがアーバンカルチャー(黒人を中心としたファッションやヒップホップカルチャーなどの総称)出身なのはなぜ?

今の世の中がメルティングポット(人種的・文化的な多様性がある状態)だからだよ。昔、企業は僕たちを鼻であしらっていたし、彼らが一方的に影響を与える側だったけれど、その壁はもう破られた。僕たちの声を代表する人間が現れている。発信することは、前みたいに独占的じゃなく、誰でもウェルカムな時代なんだ。今年1番大きな出来事は、パリで行われた(「ルイ・ヴィトン」での)ヴァージル・アブローのショーだと思う。3000人のキッズを招待したんだ。だから、どうやってゲストリストに載せてもらうかという話じゃなく、みんなリストに載っていて、みんなVIPだった。今はそういう時代だし、この方向性で今後も成長していくと思う。

カニエやヴァージルとも仕事をしているが、彼らから学んだものは?

もう数えきれないぐらい、いろんなことを学んだよ。すぐには思いつかないぐらいたくさんあるけど、友情や誰かとリレーションシップを結ぶことのいいところは、自分にはない部分、苦手な部分を学べるし、逆も然りっていうことだね。僕の性格も、友達とかと「そんなふうにしちゃダメだ、こうした方がいい」みたいに話したりして形成されていった。それと、インクルーシブであることがとても大事。例えば、見下されたり排他的な扱いをされると、自分も誰かに無意識にそういうことをしてしまったりする。そういう意味で、カニエとヴァージルは「いつでもウェルカムだ」と迎え入れてくれたし、そうすることを教えてくれた。自分が持っているリソースを他人とシェアすることの大切さというのかな。

いろんなことに関わっているけど、自己紹介するときは何と言っている?肩書きは?

肩書きは関係ないよ。「イージー(YEEZY)」で働いていた時、カニエは肩書きは関係ないという考え方だった。小さな組織だと、いくつもの役割をこなさなくちゃならない。そこから組織が成長していくと、今度は仕事を割り振る役割も必要になるけど、僕は今自分で事業をやっているから、基本的には自分で何でもやる必要がある。だから、僕はCEOでもあるけれど、アシスタントやインターンでもあるんだ。トイレ掃除やゴミ捨てだってするしね(笑)。肩書きにこだわる人もいるけど、僕は逆に肩書きを持たないことにしてるんだ。誰かに肩書きを聞いたりもしないな、関係ないから。それより、まず名前と、何者なのか。つまり、その人がどんなことに興味があるのかに興味がある。肩書きなんて変わるものだしね。今はCEOでも、数年後にはインターンに仕事くださいって頼んでるかも知れないんだし(笑)。いい人間でいることが何より大事だよ。

週末お出掛けスポットまとめ 期間限定「YSL」の“遊園地”や「ジル・サンダー」の常設バッグ売り場など

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpgファイル 5-3.jpg

「WWDジャパン」が金曜夜に週末のお出掛けスポットをまとめてお届け。今週は「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」のイベント「ヴォリュプテ ランド」や「ジル・サンダー(JIL SANDER)」国内唯一の常設バッグ売り場オープン、“スーツに見える作業着”のおしゃれラインのポップアップストアなどを紹介する。

【イベント】

写真家の濱田晋が個展「『あたりまえのこと』たちへ」を開催 新作の立体作品や写真を展示販売
 写真家の濱田晋は個展「『あたりまえのこと』たちへ」を東京・ワタリウム美術館地下1階のオン・サンデーズ地下書店で開催する。

■「あたりまえのこと」たちへ
日程:3月9日〜4月7日
時間:11:00〜20:00(水曜は21:00まで)
場所:オン・サンデーズ地下書店(ワタリウム美術館地下1階)
定休日:なし
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6


期間限定「YSL」の“遊園地”をレポート! 遊べる&もらえる&試せるワクワクを体験
 「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」のイベント「ヴォリュプテ ランド」が、表参道ヒルズでスタートしました。新作リップ「ヴォリュプテ プランプインカラー」の発売を記念し、本館1階のポップアップストアと吹き抜け大階段の2カ所で大々的に行う。

■ヴォリュプテ ランド
日程:3月7〜10日(ポップアップストアは11日まで) 時間:11:00〜21:00 (日曜日のみ20:00まで)
場所:表参道ヒルズ 本館1階、吹き抜け大階段
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10
入場料:無料


“メイクのアミューズメントパーク”が伊勢丹新宿で開幕 会場限定品も多数!
 伊勢丹新宿本店は3月6~11日、メイクブランドを結集したイベント「メイクアップパーティ(MAKE UP PARTY)」を6階の催事場で開催している。約40ブランドをそろえ、会場だけの限定品・先行発売品が登場するほか、人気アーティストによるメイクショー、各ブランドの刻印サービス、オリジナルグッズのプレゼントなどを実施。期間中の売上高は前年同期比5%増を見込んでいる。

■MAKE UP PARTY
日程:3月6〜11日
時間:11:00〜20:00
場所:伊勢丹新宿本店 6階催事場
住所:東京都新宿区新宿3-14-1


「アディダス オリジナルス」の“暗闇を照らす”“ナイト ジョガー ブースト”に新色が追加
 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、“暗闇(よる)を照らす”ランニングシューズ“ナイト ジョガー ブースト(NITE JOGGER BOOST)”の新色を発売した。サウンドクリエーターとのコラボイベントを3月8日に、東京・渋谷にあるライブハウス「ウーム(WOMB)」で開催する。イベントには女性シンガーのFriday Night PlansとトラックメーカーのJJJ、STUTSが参加し、“ナイト ジョガー ブースト”のコンセプトである“暗闇(よる)の時間”をそれぞれが解釈し制作した曲を発表。

■乱反射-RUN HAN SHA-
日程:3月8日
時間:19:00~(開場18:30~)
場所:WOMB
住所:東京都渋谷区円山町2-16


写真家の濱田晋が個展「『あたりまえのこと』たちへ」を開催 新作の立体作品や写真を展示販売
 写真家の濱田晋は個展「『あたりまえのこと』たちへ」を東京・ワタリウム美術館地下1階のオン・サンデーズ地下書店で開催する。

■「あたりまえのこと」たちへ
日程:3月9日〜4月7日
時間:11:00〜20:00(水曜は21:00まで)
場所:オン・サンデーズ地下書店(ワタリウム美術館地下1階)
定休日:なし
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6


期間限定「YSL」の“遊園地”をレポート! 遊べる&もらえる&試せるワクワクを体験
 「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」のイベント「ヴォリュプテ ランド」が、表参道ヒルズでスタートしました。新作リップ「ヴォリュプテ プランプインカラー」の発売を記念し、本館1階のポップアップストアと吹き抜け大階段の2カ所で大々的に行う。

■ヴォリュプテ ランド
日程:3月7〜10日(ポップアップストアは11日まで) 時間:11:00〜21:00 (日曜日のみ20:00まで)
場所:表参道ヒルズ 本館1階、吹き抜け大階段
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10
入場料:無料

1 / 4
【ポップアップ】

フローフシがアメリカに本格進出 「ウズ」を使用したユーザーの投票で決定
■UZU BY FLOWFUSHI POP-UP STORE
日程:3月6〜9日
場所:伊勢丹新宿本店本館1階 プロモーションスペース
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

日程:3月6〜12日
場所:阪急うめだ本店2階 プロモーションスペース22
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7


“スーツに見える作業着”のおしゃれ版が原宿でポップアップ 新ラインもお披露目
■“YZO”&“MNT”ポップアップストア
日程:3月8~24日
場所:アバハウス原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前6-25-16


佐田真由美の「エナソルーナ」が福岡の岩田屋でポップアップ
■エルソルーナ ポップアップストア
日程:3月6~12日
場所:岩田屋本店 新館 1階
住所:福岡県福岡市中央区天神2-5-35


フローフシがアメリカに本格進出 「ウズ」を使用したユーザーの投票で決定
■UZU BY FLOWFUSHI POP-UP STORE
日程:3月6〜9日
場所:伊勢丹新宿本店本館1階 プロモーションスペース
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

日程:3月6〜12日
場所:阪急うめだ本店2階 プロモーションスペース22
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7


“スーツに見える作業着”のおしゃれ版が原宿でポップアップ 新ラインもお披露目
■“YZO”&“MNT”ポップアップストア
日程:3月8~24日
場所:アバハウス原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前6-25-16

1 / 3
【オープン】

「ジル・サンダー」が伊勢丹に国内唯一の常設バッグ売り場をオープン
・3月6日にオープン
・限定品もそろえる
・現在、バッグが国内売り上げの約3割

【開催中イベント】
「アディダス オリジナルス」がアーティスト・コラボプロジェクト 第1弾は田名網敬一

「アンリアレイジ」が東大とのコラボ作品で出展 森美術館「六本木クロッシング 2019展」

パリの出版社が原宿で作品展 荒木経惟、森山大道、ホンマタカシによる出版物が並ぶ

“いまだかつてない履き心地” 「エコー」から3Dプリンターのカスタマイズシューズ 計測から仕上がりまで1時間

選ぶ時間も思い出に アガット青山店でパーソナル特別オーダーやワークショップ開催

伊眼鏡ブランド「ポリス」が若手アーティストとコラボ 渋谷店がアート空間に

ミニ四駆が部族の仮面に? ステッカーをコラージュして作ったボディを展示・販売する個展開催

シャネルが新リップ「ルージュ ココ フラッシュ」を一足早く楽しめるイベント開催

フィンランドと日本をデザインで結ぶ 「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」

JADEのブラックスニーカーに恋して

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpgファイル 4-3.jpg

80s~90sのストリートダンスカルチャーをコンセプトとした「JADE/ジェイド」が発信するサマーストリートシューズをご紹介。クールにエッジィに、ジェンダーレスに、この夏はメンズっぽいアイテムを効かせて女を際立たせて!

夏はジェンダーレスなスニーカーがナイス

暗号を意味する“サイファー”に、BLACKとBACK BONEを意味とするBをつけてネーミングした“サイファー:B”スニーカー。メンズっぽいアイテムを、さらっとはきこなして。

スニーカーグランディザイン¥14,040(JADE/マドラス)Tシャツ¥12,960(stylestalker/デュアル 表参道)、パンツ¥9,504(FIG&VIPER/フィグ&ヴァイパー)、ソックススタイリスト私物

黒なら迷わず漆黒をチョイス
漆黒の黒い炎が描かれたインパクトのあるスニーカーは、スポーティなレディスタイルのアクセントに必需品。アッパーサイドで光に当たるとキラリと炎が光る!

スニーカー ダークネス ビー フレイム¥14,040(JADE/マドラス)トップス、スカート共に¥3,132(WEGO /ウィゴー)、ヘッドバンド¥2,160(TOMMY/トミー ヒルフィガー ジャパン)、ソックス¥972(W♥C/ウィゴー)
デザインスニーカーラインJADE CREWのガールズオンリーのライン『Disco Queen』。JADEの機能性はそのままに、 カラフルでポップなデザインで登場。

左上 オペラシューズ各¥8,100、右上 ハイカットインヒールスニーカー¥10,260、左下 スニーカー¥9,180(全てJADE/マドラス)

カラーのスパイスも欠かさずに
ターコイズブルーをコンビしてキュートさもプラス! はき口にネオプレーン素材がはいっているから、ダンスシーンはもちろんストリートでも心地よさはバツグン。

スニーカー アバリシアボーンズ¥14,040(JADE /マドラス)Tシャツ¥1,998、サングラス参考商品(WEGO/ウィゴー)、デニムショートパンツ¥2,490(H&M/H&M カスタマーサービス)、ソックス¥972(W♥C/ウィゴー)

涼しげな白黒がサマーガールのシルシ!
スタンダードなホワイトスニーカーは、今季のホワイトスタイルにベストマッチ。カラーソックスを合わせて、サマー感だしちゃう?

スニーカー アバリシアボーンズ¥14,040(JADE/マドラス)襟付きワンピース¥6,990(EVRIS/エヴリス)、ショートパンツ¥1,998(WEGO/ウィゴー)、ソックス※4足セット ¥972(WEGO/ウィゴー)

今すぐ手に入れたい! NYLONチームが狙う最旬バッグ

ファイル 3-1.jpg

新しいシーズンを迎える前に、ハイセンスなバッグをゲットして周囲の視線を集めて♡ NYLONチームが最新コレクションから、いち早く目をつけているアイテムをご紹介。今年のバッグ選びの参考にしてみてはいかが?
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)のちょっとレトロなビーズバッグを狙っています! スニーカーに合わせて、ストリートスタイルと合わせたいな♡」
「JANSPORTの新作で気になるのがシャイニー素材のバックパック。春に大活躍しそうなフェミニンなカラーのアイテムはヘビロテ確実。」
「今話題になっているネオンカラーの Louis Vuittonのバッグは絶対ゲットしたいな。90sなデザインがほんとに可愛くて、どんなスタイリングにも合いそう。」
「VERSACEの新作バッグのフローラルプリントに一目惚れ。派手なカラーリングのショルダーバッグは、この春一つは持っておきたいです♡」
「BIGOTRE(ビゴター)のがま口デザインのバッグが欲しい! ミニサイズだけど、存在感のあるヴィンテージレザーが、スタイリングのアクセントになりそう。」
「大好きなブランド Nφdress(ノードレス)のビーズバッグをゲットしたい。総柄だけどポップになりすぎず、パーティスタイルにもマッチするはず。」
「スポーティなヴィジュアルと実用性が高い State of Escape(ステイトオブエスケープ)のバッグは、デイリーユースしやすそう。大手ショップがセレクトし始めてるので手に入れるのが楽しみ。」
Shrimpsさん(@shrimps)がシェアした投稿 - 2018年12月月9日午前6時06分PST
「パールが全面に付いている shrimps(シュリンプス)の新作のバッグは、花の形になっていてこれからの季節にぴったり。とびきりガーリーなコーデと合わせたいな♡」
「Opening Ceremonyのトートバッグのブラックを愛用中。普段使いもしやすいから、色違いでもゲットしたいアイテム。」
モノトーン配色と斜めストライプがスタイリッシュな Off-Whiteショルダーバッグが気になる。遊び心の効いたバインダークリップが、他にはないデザイン。」

フレッド シーガルが代官山の旗艦店を閉鎖

ファイル 2-1.jpg

米国発ファッション&ライフスタイルストア「フレッド シーガル(FRED SEGAL)」が国内唯一の店舗である代官山店を1月15日に閉店していたことが分かった。フレッドシーガルジャパン(藤田浩行・社長)が米フレッドシーガルからライセンスを受けて運営していた。2016年から本国CEOを務めるアリソン・サメック(Allison Samek)氏は代官山店の閉店理由について、「日本の以前のライセンシーから引き継がれた遺産の店舗だった。私たちは新しい場所で新たにスタートを切ることが最善だと感じたため」と説明する。

 代官山店は東急電鉄が開発した代官山ログロードに2015年4月に出店したが、目抜き通りから奥まった場所にあり、来店客数の少なさも指摘されていた。

 ただし、日本からの撤退は考えていない。「日本は『フレッド シーガル』ブランドのための重要な市場になると信じている。成長戦略としてeコマース、店舗、プライベートブランドを構築していく」と続ける。今後数カ月は「ポップアップストアを通じてコミュニティーと来訪者にサービスを提供し、eコマースビジネスの成功に軸足を移していく」としている。

 日本の顧客や取引先に対しては、「カリフォルニアを象徴するヘリテージブランドである私たちに対して、愛と情熱とを持っていただけていると感じている。1961年以来、『フレッド シーガル』は世界中の人々に、自由に、そして個性的に生きるよう促してきた。今後数年間でこのブランドをこれまでとは違ったやり方で復活させる機会を得てワクワクしている」と語る。

 「場所や規模は検討中だが、今後数年以内に旗艦店も出店する予定もある」。日本での経営体制については「ノーコメント」としている。

 なお、フレッドシーガルは米本国でも店舗網を再編しており、17年にロサンゼルスのウエストハリウッド(サンセット通り)に新旗艦店をオープンしているが、「米国での事業は順調に進んでいる。サンセットのフラッグシップストアは予想を上回る成果を残している。ラグジュアリーなアイテムだけでなく、音楽や食を含めて、お客さまに独自の体験を提供することに重点を置いている」と説明する。一方で、ECについては、「これまでフォーカスしてこなかったが、今年から来年にかけて、この分野をかなり成長させたい」考え。

700馬力のモンスター級ウッドスポーツカーが芸術品

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpgファイル 1-4.jpgファイル 1-5.jpg

2基のロールスロイスV12エンジンやプロペラを除いて、そのほとんどが木製の「木造機の奇跡」と呼ばれた第二次世界大戦中のイギリス空軍の航空機「デ・ハビランド モスキート」。その名機にインスパイアされた、性能も”本物”のウッドスポーツカーが開発されました。ではこれから、驚きの芸術品クラスの車 Splinter をご紹介しましょう!
木製スポーツカーと言ったって、見た感じだけでしょ? という声が聞こえてきそうですが、Splinter は「そこも木製?!」とびっくりするような高い木製パーツ率を誇るウッドスポーツカー。
まず、その濡れたような深い光沢のあるボディーは、精密に編み込まれた薄いサクラ材と軽量で高強度のバルサ材の複合素材で成形されました。美しいです。
また、シャーシはラミネートウッドべニア材のモノコック構造を採用しています。もうこれだけでもカッコいい!
今度は足回りを見てみましょう。フロント部はA型の木製スイングアームに調節可能なエアサスペンションが使われています。
そして、ホイールリムこそアルミですが、スポーク部分は強度の高い合板で仕上げらました。ホイールだけでも強烈な個性をはなっています!
極めつけはそのインテリアです。木製のインパネやステアリングホイールなどは、渋くて味わい深い雰囲気をかもし出し、「一生乗り続けたい!」と思わせる仕上がりです。
Splinter は木製だからと言ってスペックに妥協はありません。700馬力をたたき出すアルミ製の7リットルV8エンジンは、6速マニュアルシフトと相まって十分にスポーツドライビングを楽しめるでしょう!
エンジン、エキゾーストパイプやマフラーなどの金属感とウッドの融合が非常に美しい Splinter。ぜひ実車を見てみたい逸品ですね。
開発者である Joe Harmon 氏によると、車を自分でつくることが子どもの頃からの夢で、その実現のために、あえて限界があるとされる木材を使ったそうです。発想がすごいです!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ