記事一覧

フレッド シーガルが代官山の旗艦店を閉鎖

ファイル 2-1.jpg

米国発ファッション&ライフスタイルストア「フレッド シーガル(FRED SEGAL)」が国内唯一の店舗である代官山店を1月15日に閉店していたことが分かった。フレッドシーガルジャパン(藤田浩行・社長)が米フレッドシーガルからライセンスを受けて運営していた。2016年から本国CEOを務めるアリソン・サメック(Allison Samek)氏は代官山店の閉店理由について、「日本の以前のライセンシーから引き継がれた遺産の店舗だった。私たちは新しい場所で新たにスタートを切ることが最善だと感じたため」と説明する。

 代官山店は東急電鉄が開発した代官山ログロードに2015年4月に出店したが、目抜き通りから奥まった場所にあり、来店客数の少なさも指摘されていた。

 ただし、日本からの撤退は考えていない。「日本は『フレッド シーガル』ブランドのための重要な市場になると信じている。成長戦略としてeコマース、店舗、プライベートブランドを構築していく」と続ける。今後数カ月は「ポップアップストアを通じてコミュニティーと来訪者にサービスを提供し、eコマースビジネスの成功に軸足を移していく」としている。

 日本の顧客や取引先に対しては、「カリフォルニアを象徴するヘリテージブランドである私たちに対して、愛と情熱とを持っていただけていると感じている。1961年以来、『フレッド シーガル』は世界中の人々に、自由に、そして個性的に生きるよう促してきた。今後数年間でこのブランドをこれまでとは違ったやり方で復活させる機会を得てワクワクしている」と語る。

 「場所や規模は検討中だが、今後数年以内に旗艦店も出店する予定もある」。日本での経営体制については「ノーコメント」としている。

 なお、フレッドシーガルは米本国でも店舗網を再編しており、17年にロサンゼルスのウエストハリウッド(サンセット通り)に新旗艦店をオープンしているが、「米国での事業は順調に進んでいる。サンセットのフラッグシップストアは予想を上回る成果を残している。ラグジュアリーなアイテムだけでなく、音楽や食を含めて、お客さまに独自の体験を提供することに重点を置いている」と説明する。一方で、ECについては、「これまでフォーカスしてこなかったが、今年から来年にかけて、この分野をかなり成長させたい」考え。

700馬力のモンスター級ウッドスポーツカーが芸術品

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpgファイル 1-4.jpgファイル 1-5.jpg

2基のロールスロイスV12エンジンやプロペラを除いて、そのほとんどが木製の「木造機の奇跡」と呼ばれた第二次世界大戦中のイギリス空軍の航空機「デ・ハビランド モスキート」。その名機にインスパイアされた、性能も”本物”のウッドスポーツカーが開発されました。ではこれから、驚きの芸術品クラスの車 Splinter をご紹介しましょう!
木製スポーツカーと言ったって、見た感じだけでしょ? という声が聞こえてきそうですが、Splinter は「そこも木製?!」とびっくりするような高い木製パーツ率を誇るウッドスポーツカー。
まず、その濡れたような深い光沢のあるボディーは、精密に編み込まれた薄いサクラ材と軽量で高強度のバルサ材の複合素材で成形されました。美しいです。
また、シャーシはラミネートウッドべニア材のモノコック構造を採用しています。もうこれだけでもカッコいい!
今度は足回りを見てみましょう。フロント部はA型の木製スイングアームに調節可能なエアサスペンションが使われています。
そして、ホイールリムこそアルミですが、スポーク部分は強度の高い合板で仕上げらました。ホイールだけでも強烈な個性をはなっています!
極めつけはそのインテリアです。木製のインパネやステアリングホイールなどは、渋くて味わい深い雰囲気をかもし出し、「一生乗り続けたい!」と思わせる仕上がりです。
Splinter は木製だからと言ってスペックに妥協はありません。700馬力をたたき出すアルミ製の7リットルV8エンジンは、6速マニュアルシフトと相まって十分にスポーツドライビングを楽しめるでしょう!
エンジン、エキゾーストパイプやマフラーなどの金属感とウッドの融合が非常に美しい Splinter。ぜひ実車を見てみたい逸品ですね。
開発者である Joe Harmon 氏によると、車を自分でつくることが子どもの頃からの夢で、その実現のために、あえて限界があるとされる木材を使ったそうです。発想がすごいです!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ